金沢泉丘こども園

施設紹介

当園の5つの特徴

金沢泉丘こども園では、

豊かな経験と地域とのつながりを活かして

「教育・保育」と向き合っています。

01

02

サントレプログラム

言葉には命がある

~美しい心は、美しい言葉から生まれる~

赤ちゃんがお母様のお乳を吸って成長するように、子ども達の心が豊かに育つかどうかは、言葉の栄養をどれだけ与えたかによると言われます。日本には何世代にもわたって受け継いだ美しい日本語が、童謡唱歌、詩歌、物語の中に温存されています。サントレの教育は、美しい言葉、優しい言葉、尊い言葉を母乳のごとく日々惜しみなく与え、躾、敬う心、思いやる心、考えて話す力を養います。

自然体験活動

自分の身を自分で守る力、

自分で考え行動する力を育てます

 自然体験の中で子どもの感性を研ぎ澄ませ、全ての感覚をフルに働かせながら思いっきり楽しく遊びます。
 年間を通じて同じ森に出掛ける事で、四季の移ろいや生物や自然の仕組みを感じます。又、自然の中で自発的に活動する事により、好奇心や探究心、想像力が湧き出ます。

 さらに、挑戦没頭葛藤工夫​といった活動を通して、目標に向かって乗り越える力が養われます。

03

グローバルプログラム

様々な文化の理解、

コミュニケーション能力を育てます

​ 幼児クラス(3歳以上)になると、ネイティブの先生による楽しみながら英語を学ぶ時間を設けています。遊びながら英語に触れることで、英語耳を養います。

 また、グループ内にある専門学校アリス学園には、様々な国の留学生がいます。学園に在籍する留学生と交流することにより、国際社会に向けて多様な文化や外国の遊び、食事に興味を抱き、自然に受け入れ尊重する姿勢を養い、コミュニケーション力、自己表現力を育みます。

05

04

四つ葉サークル

地域に開かれたコミュニティの場としての継続、

強化を目指していきます

保護者会、お父さんCLUB、陽だまりの会(祖父母)、放課後児童クラブ・卒園児(小学生)、学生・ボランティア、保護者会同窓会(OB)等、地域との繋がりを大切に共に支え合っていきます。

食育

正しい食の知識を身につけられるよう、

手作りの食材を味わいます

 本園のお米は、㈱ゆめうらら(サイトはこちら)さん金沢泉丘こども園専用の田んぼで完全無農薬作ってもらった特別栽培米「天晴」を使用しています。毎朝子ども達が大切にお米をとぎ、各教室でご飯を炊いています。
 また、園庭に実るブドウやブラックベリー等、季節の木の実を楽しみながら味わったり、自分で育てた野菜を調理したりしています。食育特別プログラムとして年長児が育てた大豆から、味噌を作り、卒園児と年長児が味噌おにぎりや豚汁等手作り味噌を使った食事を一緒に食べて交流を楽しみます。

ゆめうらら.jpg

その他にも、希望者には教育時間外に「体操教室」「音楽教室」を提供しています。

​時間になれば園内で受講することが出来るため、両親がフルタイムで働いているために習い事が難しいご家庭でも、お子様に様々な経験をさせる機会を増やすことが出来ます。

​他の施設を見る

​放課後健全育成事業

社会福祉法人 愛里巣福祉会
076-272-8081
〒921-8177 石川県金沢市伏見台1ー6-13

金沢泉丘こども園​

Copyright © 2019 Alice  All rights reserved.